2006年09月15日

FIPとブラン

水曜日に検査の結果を聞くのに病院に電話したところ、「詳しく説明するので一度来てください」と言われました。

先生からの説明は長くなるので結論から言うと数値は倍ほどに上がっていました。。。この日は悲しくて何も手に付きませんでした。
親ばかですがブランは本当に優しい良い子で、全く私たちの手を煩わしたことがありません。そんな可愛い大切な大切なブランの成長を形に残したいと思いこの始めたのがこのブログです。
このような悲しい結果が出てしまった事がただただ残念で悔しい思いです。

ブランは今7ヶ月という幼い体で一生懸命ウィルスと闘っています。
注射嫌いのブランには辛いですがこれからインターフェロンの投与も始めることにしました。
私は病気も注射も代わってあげられることは出来ないし、「絶対元気になる」と励ます事位しかしてあげられません。
でもFIPなどにブランを奪われる訳にはいかないのでブランの免疫力を信じて頑張ろうと思います。

ブランを見てくださっている沢山の方、温かいコメントを下さりいつも勇気付けてくださる方、親身に相談に乗ってくださった方に本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
060421.jpg
ブラン(blanc)の名前は真っ白でふわふわだったことからつけました。





ニックネーム あやっぺ at 07:32| Comment(8) | TrackBack(0) | ブランの体調 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうでしたか。。。昨日1日、あやさんがどれほど悲しまれたことか。。。何度かブログへ参りましたがポッカリ開いたままでしたので、もしや・・・と思いながらも、ううん、そんなことはない!とお恥ずかしいことにワタシは現実逃避したくなりました。
ブランちゃんの穏やかな表情、ブログを通じての雰囲気を見ていますと、あやさんのおっしゃりたいことは親ばかではなくて、本当にブランちゃんは賢い猫ちゃんだと思って見ておりました。FIPにはウエットとドライがありますが、後者のほうなのかな・・・と思っております。
これからは本格的な治療をされるのであやさん自身のことも気になります。何もお役に立てませんが、一人で抱えきれないことは、文字だけでもここに残して下さい。正直ワタシもショックで・・・とても仲の良かった猫ブロガーさんも大切な猫ちゃん、もう家族や子供と同じ感覚で・・・FIPでした。
Posted by ミーコママ@2スコの手帖 at 2006年09月15日 09:51
残念な結果が出てしまったようですが、それでもブランちゃんは一生懸命戦っているわけですし、あきらめちゃダメですよね!
飼い主であるあやさんが不安になるとブランちゃんも不安になってしまうような気がするんです。
「大丈夫、一緒に元気になろうね〜」と前向きな気持ちでゆったり過ごしていければ・・・と思います。月並みな事しか言えませんが、応援しています。

それにしても小さいブランちゃんもかわいい〜!
まるでぬいぐるみのようです。
小さい頃はあまり柄が出ないんですよね。うちの天つゆも柄があまりなかったんですが、成長したら濃い柄が出たのでびっくりしました。
Posted by おかか at 2006年09月15日 11:25
お久しぶりです。
テニス仲間?だったまーちゃんです(わかるかな?)
たにさんから「あやちゃんがブログをやってる」という情報を仕入れたので早速遊びにきちゃいました(^^)

あやちゃん=ネコちゃんのイメージが全然なかったので、違う人のブログかな〜と思ったけど、13日の日記のご主人の写真で「やっぱりあやちゃんだ!」と確信してコメントいれてみました。

かわいいネコちゃんたちの写真に心癒されていましたが、日記を読んでるとなんだか大変な日に遊びにきてしまったみたいで、空気よめよってかんじになってるよね。。。

勉強不足でFIPがどんな病気か全然わからないけど、子を思う親の気持ちは十分わかるよ(TT)
うちの子も(人間だけど)一回痙攣おこしたことあるよ。
その時は死んじゃったかと思って本当にびっくりしました。
あやちゃんが元気ないとブランもますます元気なくなると思うので、つらいと思うけどがんばってp(ーー)q

ご主人にもよろしくお伝えください。
また遊びにくるね〜(^^)/
Posted by まーちゃん at 2006年09月16日 00:15
ミーコママさん☆
ミーコママさんお詳しいんですね。
おっしゃるとおりドライタイプの疑いです。
FIPは猫ちゃんも飼い主さんもとても辛く苦しい思いをする様ですので、お知り合いの方もきっと大変な思いをされたでしょうね…。


おかかさん☆
本当にそうですよね。私が諦めたりしてしまったら、きっとブランには伝わると思います。
私はすぐ落ち込んだりネガティブになったりするので、本当に嫌になります。その点旦那さんは凄いんですよ。常にクールです。見習いたいです。
ブランも三毛の色が凄く濃く出てきてちっともプチブランじゃ無くなりましたよ(;´Д`A

まーちゃん☆
まーちゃんってまーちゃん!?
旦那さんもコメント見てまーちゃんってあのまーちゃん!?とびっくりしてたよ〜w(*゚o゚*)w
もうお母さんになったんだよね〜月日が経つのは早いねぇ(しみじみ)
またいつでも遊びに来てね☆


Posted by あや at 2006年09月16日 01:00
あやさんへ
ブログへのコメント、どうもありがとうございました。
小さなブランちゃんに薬を投与しなければならないのは、とても辛いことですね。病気と闘う小さな体を見守るしか出来ない辛さ、私も充分経験しました。良くなったり、悪くなったりの経過にほっとしたり、ショックをうけたりの繰り返し。
あやさん、今はとっても苦しいと思いますが、ブランちゃんはそばで頑張っています。出来るだけ穏やかに過ごせるよう、いつも優しく声をかけてあげてくださいね。ブランちゃんは、その声で生きる力が出てくると思います。
Posted by 紫織 at 2006年09月16日 02:13
紫織さん☆
ありがとうございます。
もう本当に紫織さんの言う通りでブランは日によって良くなったり悪くなったりするので
一喜一憂の毎日です。
病気になんかには絶対負けたくないです。私に出来ることは少ないけれど、少しでもブランの自己治癒力が高まってくれたらなと思います。
Posted by あや at 2006年09月16日 07:57
はじめまして。
トラコミュ「猫の病気・治療記録」の管理人りゅうと申します。
病院で説明を聞いた時のあやさんの気持ち、
私なりにですがわかる気がします・・・
うちの場合は猫白血病+猫エイズの発症でした。
何も悪い事してないのに;;って泣くのもしばしばです。
だからこそ、
なんとかして病気を治る手助けをしたり、
軽くなるように工夫をしてあげたいですよね。
凹んだ時はみんながついてる!と思ってがんばってください。
うちのメイは夏の夜空に旅立ちましたが、
その時試したごはんやサプリ、酸素吸入器など、
何か参考になることや聞きたい事がありましたら、遠慮なく言って下さいね。
こっそり応援しています☆
Posted by りゅう at 2006年09月16日 17:12
りゅうさん☆
はじめまして。
ブラン見てくださってありがとうございます!
りゅうさんは沢山の猫ちゃんと暮らしてらっしゃるんですね!
愛する猫ちゃんが病気で苦しむ姿を見るのは
本当に辛いですよね。
私はブランが始めて一緒に暮らす猫ちゃんなので
、色々教えてくださいね☆
Posted by あや at 2006年09月17日 19:59
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/457479
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック