2007年11月09日

地域猫問題

今日はボン君と地域猫問題についてのニュースをみました。
IMG_1920.jpg

ある地域で野良猫ちゃんをめぐっての看板合戦が行われていると言う内容のニュースでした。
えさやり反対の方は猫が増えてウンやちーをされたり
家に勝手に忍び込んで食べ物をあさったりされて困る。
餌をやるなら責任を持って最後まで飼うべきだ。との事
IMG_1908.jpg


それに対し餌を上げている方の看板は小さな命を助けたい
責任を持って餌をあげている。避妊手術も行っていきます。との事です。

どちらもそれぞれ気持ちはよくわかります。
私の育ったところはとても田舎で窓なんかも開けっ放しだったのですが
よくにゃんこがさっと入ってきておかずを持って行ったり、
手入れした庭にう○ちをされたりで子供の頃は正直猫があまり好きではありませんでした。うちの母などはいまでも好きではないと思います^^;
そういったことをされると「臭い」とか「怖い」とか悪いイメージが付いてしまうんですよね。。。
IMG_1913.jpg
ほんとにねぇ〜。なんかボン君キャスターちっく(笑)



私の住んでいる市では、保健事業として地域猫対策というものがあります。
はっちゃんなんか地域猫出身で有名ですよね。
「猫たちに罪はありません。猫を排除するのではなく、地域の問題として捉え、飼い主のいない猫との共生に向けて地域猫対策を取り組んでみましょう」と言う内容のものです。
定期的にチャリティーバザーなどもやっているらしく今度ぜひ参加してみようと思っています。
IMG_1907.jpg

ブランさんはどう思いますか?
IMG_0744.jpg
その通り!by児玉清


♪ランキングに参加中です♪
お帰りの際にポチっと押していただければ日々の励みになります☆

うちの飼い主はどっぷりよ。ブランボンをぽちっとな。

ブランボンにぽち.jpg
 bonnにぽちっと.jpg



ニックネーム あやっぺ at 00:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんはあやちゃん
お外の猫の事私もチャチャとクゥちゃんを保護してうちの猫になってから特に気にしています。保護ボランティア活動をされてる方たちのブログもよく覗いています。もともと猫は外にいたのではなく大半が人間が放棄した結果です・・。癒される話題も多いですが、こうした問題も多いですね・・段ボールに入れられて夏休みの中学の校門に(しかも道路沿い)に捨てられてた生後10日程のチャチャとクゥちゃん今ではすっかり立派になりましたが、誰が一体どうしてそんな事をするのか信じられません。またお話聞かせてね
Posted by チャチャ at 2007年11月09日 23:31
☆チャチャさんへ
こんばんは。そうそう。猫に罪はないんですよね。。生まれて間もない赤ちゃん猫が捨てられているのを猫好きな人がみたらそれは脅迫だよね。
無視していけるわけないもの。
チャチャ&クゥちゃんのお話を聞いてると羨ましくってしょうがないです。ブランボンももうちょっと仲良くなってくれるといいんだけど(;´Д`A
Posted by あや at 2007年11月10日 01:44
はじめまして 
「地域猫問題」について関心があり調べていたところ
こちらのページを拝見させていただきました

じつは我が家も 地域猫(野良猫)の被害に悩まされており どういった対策をすべきか 頭をかかえているところです

大切に育てている植物があります
その花壇にフンをされ
取れたての野菜を楽しもうと 土を耕して
手をかけ続けた畑を掘り起こされ
ガラス窓越しに愛犬をからかい 吠えれば
仕返しに家の中にスプレーをする

でも おっしゃるとおり
猫のせいではない 放置した人間のせいです
なので ずっと黙って我慢しています

しかしながら 長期的に解決させるとはいえ
そこに住む人間が お金を出して買った土地に住む
人間が このような理不尽に耐えながら
暮らさなければならないのか疑問です

迷惑をこうむっている側としては 
忙しい時間や貴重な実費をついやして
対策に講じる気持になれないのが本音です

被害者にとっての 解決策があればと思います


Posted by 田吾作 at 2008年04月16日 16:05
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1195149
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック